キム・ヨナが、18年の平昌冬季五輪の広告塔として再び表舞台に引き出される可能性

Record China によると。

14日、ソチ五輪の女子フィギュアスケート銀メダリストで引退を表明した韓国のキム・ヨナが、18年の平昌冬季五輪の広告塔として再び表舞台に引き出される可能性が出ている。

2014年8月14日、騰訊体育によると、ソチ五輪の女子フィギュアスケート銀メダリストで引退を表明した韓国のキム・ヨナが、18年の平昌冬季五輪の広告塔として再び表舞台に引き出される可能性が出ている。

ソチ五輪で現役引退を表明したキム・ヨナだが、交際相手とされる国軍体育部隊所属のアイスホッケー選手、キム・ウォンジュンが合宿中に無断で外出し、代表資格無期剥奪などの処分に。キム・ヨナは「第二の人生」も波乱含みの幕開けとなったが、18年に地元開催される平昌五輪を前に広告塔として再び表舞台に引き出される可能性が浮上。メディアは「スポンサー集めの目玉になる」と伝えている。

平昌五輪は準備の遅れや資金不足が深刻とみられている。五輪組織委のトップも辞任したばかり。関係者は「キム・ヨナは何らかの形で必ず準備作業に加わるだろう」と指摘。「名誉顧問」に任命され、スポンサー集めに駆り出されるとの見方も出ている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です