キム・ヨナ、恋人の行動で“名誉に傷”の指摘 平昌五輪では「名誉顧問」の可能性も

XINHUA.JP によると。

中国・騰訊体育は14日、韓国で国民的人気を誇る元フィギュアスケート選手、キム・ヨナの名誉が、恋人のアイスホッケー選手、キム・ウォンジュンのスキャンダルによって傷ついたとの指摘がある、と報じた。

大韓アイスホッケー協会はこのほど、無断で合宿所を抜け出し、マッサージを受けていたキム・ウォンジュンの国家代表としての資格を無期限で剥奪することを決めた。キム・ウォンジュンはこの外出の際に交通事故にも遭っていた。

このことは韓国で大きな話題となり、「キム・ヨナの名誉が傷ついた」として、キム・ウォンジュンの不適切な行動を非難する声も少なくないという。

キム・ヨナはソチ五輪を最後に現役を引退し、「第2の人生」を歩み始めたが、その人生も順風満帆とは言えない状況だ。キム・ウォンジュンの問題についてキム・ヨナはこれまでにコメントを出していない。

韓国で2018年に開催予定の平昌冬季五輪も、準備の遅れと資金不足という問題に突き当たっている。スケート関係者の間では「五輪招致で大きな役割を果たしたキム・ヨナが運営に関わるべきだ」との訴えがある。キム・ヨナが復帰する可能性は大きくないが、「名誉顧問」として、スポンサー集めと話題作りのために一肌脱ぐことは考えられるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です