これが一般企業なら退任だが、聖子氏“キス騒動”JOC会長は「これ以上問題にしない」

スポニチアネックス によると。

 20日発売の週刊文春で日本オリンピック委員会(JOC)の常務理事、選手強化本部長で日本スケート連盟の橋本聖子会長が、ソチ五輪閉会式後の打ち上げパーティーの酒席でフィギュアスケート男子の高橋大輔に無理やりキスをしたと報じられた問題で、JOCの竹田恒和会長は22日、コメントを発表。

 「橋本常務理事からは、昨日、南京から帰国した私に、お騒がせしたことのお詫びと反省している旨の連絡をいただきました。また、他の関係者からも直接事情を聞きました。総合的に判断した結果、これ以上問題にすることは考えておりません。JOCとしては、今後こうした場面においても誤解を招くことがないよう関係者に注意を喚起するとともに、皆様からの信頼に応えられるよう、より一層尽力してまいります」とした。

 また、高橋は21日のアイスショーの公開リハーサル後にこの騒動について口を開き、「打ち上げでお酒も入ってしまい、はしゃぎすぎた。セクハラ、パワハラがあった感じは一切ない。橋本会長は選手思いで、叱咤激励してくれる」と話していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です