香川真司が恩師クロップ監督とドルトムントの練習施設で熱い抱擁。海外メディアも感動の再会と報じる

フットボールチャンネル によると。

 8月31日にプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドからブンデスリーガのボルシア・ドルトムントへ移籍した日本代表MF香川真司が、恩師ユルゲン・クロップ監督とクラブ練習場の室内ジムで再会した。

 米Yahoo!は1日、「シンジ・カガワとユルゲン・クロップの再会はノートブック(邦題:きみに読む物語=2004年作米国映画)に優るものとなった」と題し、「シンジ・カガワはマンチェスター・ユナイテッドでの長い2シーズン、ベンチに監禁された末に、ボルシア・ドルトムントへ復帰した。香川とクロップ監督の笑顔からはこの移籍が意味する誰もが分かる喜びを表している」と伝えた。

 さらにクラブの室内ジムで再会を果たした場面については、「彼らが再会して抱擁を交わした瞬間には、ニコラス・スパークス(前述の映画の原作を書いた米作家)の小説に優るものがあった」と表現した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です