9月 082014
 

AFP=時事 によると。

8日に行われる全米オープン(The US Open Tennis Championships 2014)男子シングルス決勝は、アジアの男子選手としては初めて四大大会(グランドスラム)の決勝に進出した錦織圭(Kei Nishikori)と、同じくメジャー大会での決勝は初のマリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)という、ほとんど誰も予想しなかった驚きの顔合わせとなった。

錦織、チャンコーチから「まだ終わっていない」と忠告

 上位シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)とロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が準決勝で姿を消したため、今年の全米オープンは、2005年以来初めて、決勝にジョコビッチ、フェデラー、ラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)の3選手が登場しないグランドスラムとなる。

 全米オープンにおいて、初めてグランドスラムの決勝に臨む選手同士が対戦するのは、パット・ラフター(Pat Rafter)がグレグ・ルードゼスキー(Greg Rusedski)に勝利した1997年大会以来となる。

 ジョコビッチを相手に、6-4、1-6、7-6、6-3で勝利した錦織は、今でも自分で自分をつねっているに違いない。

「自分が決勝でプレーできるなんてちょっと驚いています」と話した24歳の錦織は、これまで2012年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2012)でのベスト8がグランドスラムの最高成績だった。

 ジョコビッチとの3度目の対戦で2勝目を挙げた錦織だが、その前には、第5シードのミロス・ラオニック(Milos Raonic、カナダ)、第3シードの全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament 2014)王者スタニスラス・ワウリンカ(Stanislas Wawrinka、スイス)を、4時間を超える5セットマッチの末に撃破している。

 錦織はつま先の手術を受けたため、ロジャーズ・カップ2014(Rogers Cup 2014)とウェスタン&サザンオープン(Western and Southern Open 2014)に出場できず、全米オープンの出場すら危ぶまれる状況だった。今回の決勝は、そうした中で達成した快挙だった。

 第10シードの錦織は、「プレーを再開できたのは、大会が始まるほんの数日前でした。ニューヨーク(New York)へ来るべきかどうかも分からなかった。実は、なんの欲もなかったんです」と話している。

 記録を参考にするなら、錦織がタイトルを奪取する可能性は高い。錦織は25歳のチリッチに5勝2敗と勝ち越しており、今年対戦したハードコートのブリスベーン国際(Brisbane International 2014)、クレーコートのバルセロナ・オープン(Barcelona Open Banc Sabadell 2014)では、どちらも勝利している。

 しかしながら、全米オープンでの成績は両者五分で、2010年には錦織が、逆に2012年にはチリッチが勝利している。

 錦織は、チリッチについて「本当に良いプレーを続けていますし、すごく攻撃的で、速いテニスをします。どんどん強くなっていると思います」と話した。

 そのチリッチも、昨年は問題のある時期を過ごした。

 チリッチは、昨年の全米オープン(The US Open Tennis Championships 2013)に出場することができなかった。薬局で購入したサプリメントに禁止されている興奮成分が含まれており、薬物検査で陽性となった結果、出場停止処分を科されていたためだった。

 処分が言い渡された経緯に不満を持つチリッチは、2010年の全豪オープンで記録したベスト4というグランドスラムでの最高成績を更新しようと使命感に燃えている。

 2001年のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon)を制したゴラン・イワニセビッチ(Goran Ivanisevic)氏の指導を受けているチリッチは、決勝では戦術が重要になると考えている。

 チリッチは、「ケイはコートの深いところからものすごく良いボールを打つ。とにかく自分の試合に集中して、相手のリズムを少しでも崩さなくちゃいけないだろう。良いサーブを打っていきたい」と話した。

 8日の決勝は、178センチで68キロの錦織と、198センチで82キロのチリッチという、対照的なスタイルの選手同士の対戦でもある。

 球足の速いハードコートでは、パワーで押すスタイルの方が有利な場合も多いが、今季から錦織のコーチを務めている1989年の全仏オープン(French Open)王者のマイケル・チャン(Michael Chang)氏は、錦織にも武器はあると考えている。

「大きい選手には確かにいくつか有利な点があり、サーブなんかでは少し楽だが、小さい選手にも、コートでより素早く機敏に動けて小回りが利くという特徴がある。パワーをいなす方法は、常に色々とあるものだ」

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>