9月 132014
 

SOCCER KING によると。

 ブンデスリーガ第3節が13日に行われ、香川真司の所属するドルトムントとフライブルクが対戦した。

 8月末、マンチェスター・Uから3シーズンぶりにドルトムントへと復帰した香川。加入後最初の公式戦で[4-2-3-1]のトップ下で先発出場となり、本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクのピッチに立つ。

 34分、ドルトムントは香川が左サイドの浅い位置でタメを作ってボールをキープすると縦にスルーパス。ケヴィン・グロスクロイツが抜け出すと、折り返しにニアサイドでアドリアン・ラモスが左足で合わせ、ネットを揺らし先制する。

 さらに41分、ドルトムントはカウンターからグロスクロイツが右へ展開する。受けたラモスがグラウンダーの折り返しを送ると、中央のヘンリク・ムヒタリアンがスルー。ファーサイドまで流れ、受けた香川が右足でゴール左へ流し込み、ドルトムントが2点のリードを得た。試合は前半を終え、ドルトムントが2-0でリードしている。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>