9月 242014
 

マイナビニュース によると。

住友生命保険相互会社は9月22日、新規プロジェクト「YOUNG JAPAN ACTION 浅田真央×住友生命」に係る個人・団体の活動募集を開始した。それに伴いこのほど、フィギュアスケート・浅田真央選手を起用した新CM「ヤングジャパンアクション 叫び(募集)」篇の放映をスタートさせた。

同プロジェクトは、若者が考える社会的課題を解決する活動の支援を行っていく同社の新たな社会貢献プロジェクト。「音楽で街を楽しくする活動」「商店街を元気にする活動」など、20代の若者が中心となり活動している個人・団体のアクションが募集の対象となる。12月下旬に発表予定の大賞に選ばれた個人・団体の活動には、100万円の活動支援が行われるほか、プロジェクトリーダーである浅田選手も該当活動に参加する予定だという。

また、活動募集に伴い、浅田選手を起用したCM(30秒編と60秒編の2種類あり)がオンエアされている。

60秒編のCMは、浅田選手が建物の屋上から「若者の皆さん、浅田真央です。いつも応援ありがとうございます! 」と叫ぶシーンから始まる。そして、「突然ですが、今度は皆と日本を応援したいんです。ヤングジャパンアクション、誰でもチャンスはハーフハーフ! 」と、ソチ五輪後に現役続行か引退かの可能性を「ハーフハーフ」とコメントしたことにかけた叫びを続ける。そして最後に、「この国をドキドキさせるアクションを募集します。私も応援に行きます! 」と締めくくっている。

普段、大声を出すのはカラオケぐらいだという浅田選手が、「こんなに叫ぶのは初めてかな、というくらい大きな声で叫びました」という渾身の絶叫ぶりが見どころのCMは、同社のホームページでも鑑賞することが可能だ。

なお、「YOUNG JAPAN ACTION 浅田真央×住友生命」の詳細は以下の通り。

募集対象

社会的課題を自由な発想で解決するアクション

募集期間

9月22日~11月11日

応募資格

・「20代を中心とする個人・団体であること」

・「活動の公表を了承すること」

・「日本国内を元気にさせる、ワクワクさせるアクションを起こしている、起こそうとしている個人・団体であること」

・「営利活動を主目的とする個人・団体ではないこと」

応募方法

応募用紙に必要事項を記入の上、企画書と活動風景や参考となる写真などの付属資料を同封し、郵送で同プロジェクトの事務局へ送付する。応募用紙は「YOUNG JAPAN ACTION 浅田真央×住友生命」専用サイトからダウンロードできる。

選考方法

事務局による選考後、浅田選手を特別選考委員として招いた選考会をへて決定。選考にあたり、外部有識者のアドバイスも参考にするとのこと。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>