11月 022012
 

RBB TODAY によると。

 ペット&ファミリー少額短期保険は、ペットを飼っている20~70代の男女1,221人を対象に、「ペットの食事に対する意識調査」を実施した。

 「ペットの食事に対して悩んだことはあるか」という質問には、約5割(45.5パーセント)の人が「悩んだことがある」と回答し、多くの飼い主がペットの食事に対して悩みを抱えていることが分かった。実際にどのようなことで悩んだことがあるかを集計した結果、「フードの好き嫌い」が約5割(52.5パーセント)と最も多く、「フードを食べない」が約3割(36.3パーセント)で続いた。

 悩みを解決する工夫については、「数種類のドライフードやウェットフードを混ぜ合わせて与える」などの『食事の中身』に関する工夫や、「3種類ぐらいのフードをローテーションして出している」などの『食事の提供の仕方』を工夫している飼い主がいることがわかった

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>