10月 022014
 

SOCCER KING によると。

 ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督が、1日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のアンデルレヒト戦を振り返った。イギリス誌『FourFourTwo』が伝えている。

 ドルトムントは香川のアシストからイタリア代表FWチーロ・インモービレが先制。その後も主導権を握ると、コロンビア代表FWアドリアン・ラモスが2ゴールを奪い、3-0で勝利を収めた。前節のアーセナル戦に続き完封勝利を収めたドルトムントは2連勝を飾っている。

 試合後、クロップ監督は「最初のチャンスを生かし、良いスタートを切ることができた。素晴らしい戦いだったと思う」とコメント。チームが見せたパフォーマンスを喜び、勝利に満足感を示した。

 また、先制ゴールをアシストした香川のプレーに触れ、同監督は「非常に良かった。素晴らしいパスを出していたし、パフォーマンスも良い。間違いなく、我々にとって重要な選手だった」と称賛していた

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>