10月 292014
 

ISM によると。

 ドイツカップは現地時間28日に2回戦の試合が各地で行なわれ、香川真司と丸岡満が所属するドルトムントは、敵地でザンクトパウリ(2部)に3対0と快勝。香川は1ゴール1アシストの活躍で勝利に大きく貢献している。

 リーグ戦では4連敗中と不振に喘ぐドルトムントだが、この試合では昨季ファイナリストの力を示して快勝。33分に香川の送ったパスからインモービレのゴールで先制すると、44分にインモービレの折り返しからロイスが追加点。終盤の86分にはGKのキックミスを奪った香川が冷静にダメ押しゴールを挙げて、3回戦へと駒を進めた。

 香川は自身のゴール直後に途中交代でお役御免となった。一方、丸岡はベンチ入りしたものの出場機会は訪れなかった。

 ドルトムントのクロップ監督は試合後「結果と、前半の出来には満足している。思ったプレーがあまりできなかった後半ではなくね」と勝利と前半のパフォーマンスに満足を示した。なお、ドルトムントは週末、ブンデスリーガで王者バイエルンとのアウェイゲームに臨む。

 大迫勇也と長澤和輝が所属するケルンはデュイスブルク(3部)と対戦。試合はスコアレスに終わり、PK戦の末にケルンが辛くも勝ち抜きを決めた。長澤が先発し57分までプレーした一方、大迫はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。

 このほか、酒井宏樹と清武弘嗣が所属するハノーファーはアーレン(2部)に0対2で敗戦。酒井と清武はフル出場した。細貝萌と原口元気所属のヘルタ・ベルリンはビーレフェルト(3部)にPK戦の末に敗れている。細貝と原口もフル出場している。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>