11月 152014
 

SankeiBiz によると。

 玩具大手のタカラトミーは、14日開催した経営説明会で、米ウォルト・ディズニーが来年公開するアニメ映画2本について、全世界で関連玩具を商品化できるマスターライセンス契約を獲得したことを明らかにした。これによって100億円規模の売り上げを見込む。これまで不得意としてきたキャラクター活用の事業展開を、世界規模で加速させる考えだ。

 契約を獲得したのは、11歳の少女の頭の中の世界観をキャラクターを使って表現する「インサイド・ヘッド」と、恐竜が絶滅を免れた世界を舞台にした「ザ・グッド・ダイナソー」の2作品。ともにディズニーグループのピクサー社のコンピューターグラフィックス(CG)アニメ映画だ。これらの映画に登場するキャラクターを、ぬいぐるみやフィギュアにして全世界で販売できる。タカラトミーは、キャラクターを独占的に活用できる契約をなかなか獲得できなかったが、今回の新契約により、全世界で本格的な事業展開が可能になる。

 ディズニー映画については、バンダイも12月に公開されるCGアニメ「ベイマックス」で、日米欧での玩具商品化権を初めて獲得した。日本の商品品質の高さなどが評価されたとみられ、「今後、新しい契約獲得の可能性も高い」(タカラトミーの富山幹太郎社長)状況だ。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>