11月 172014
 

映画.com によると。

パラパラ漫画作品で知られる芸人の鉄拳が、ディズニー・アニメーション最新作「ベイマックス」のプロモーション映像を制作したことがわかった。ディズニー・アニメーション・スタジオ作品のプロモーションに、スタジオ外のクリエイターがオリジナルストーリーの映像を作ることは、極めて異例だ。

 「ベイマックス」は、兄のタダシを亡くした14歳の天才少年ヒロが、人を癒すためにタダシが開発したケアロボットのベイマックスとともに、失われた絆を取り戻していく姿を描いた作品。鉄拳は、同作を独自の視点で描いたオリジナルのパラパラ漫画作品を制作した。

 鉄拳の作品はヒロの天才ゆえの孤独、ヒロを心配する兄タダシの姿から始まり、兄がヒロの前からいなくなってしまう悲しさも表現。そして、ふさぎ込むヒロの前に、兄が願いを託して作り上げたベイマックスが現れる。最初はベイマックスを拒みつつも、その優しさによって痛みを乗り越えていくヒロの姿と、最愛の兄タダシに重なるベイマックスが優しく、緻密に描かれていく。鉄拳は「ベイマックスが、兄のタダシに代わってヒロを守る、大事にする気持ちが伝わればいいなと思って描きました」とコメント。英語歌詞版が映画のエンディングを飾るAIの名曲「Story」が、映像を盛りたてている。

 「ベイマックス」が日本文化の影響を受けて生まれた作品であること、そして鉄拳の描く作品が映画のテーマを見事に表現していることから、特別に公認プロモーションビデオとして採用されることが決定。異例の事態に、鉄拳も「幸せでした。自分もディズニーの社員になったような気持ちでした」と話している。

 プロデューサーのロイ・コンリは、「彼(鉄拳)とは何度かやりとりをして進めてもらったのですが、最終版は本当に素晴らしい出来となりました」と太鼓判を押す。また、監督のドン・ホールとクリス・ウィリアムズも、「とてもキュートでかわいいです。すごく魅力的で、ストーリーも素晴らしい」と絶賛している。

 1カ月間で1000枚以上というハイペースで描き上げられた同映像は、「ベイマックス」の公式サイトなどWEBを中心に配信される。

 「ベイマックス」は12月20日から全国公開。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>