『ペットのお掃除で悩んだことはありますか?』という質問に対し、約4割(40.3%)の人が「悩んだことがある」と回答

@DIME によると。

T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:日下部 明)は、ペットを飼っている20~70代の男女1093人を対象に、『ペットの飼い主お掃除意識調査』(インターネット調査)を実施した。年末の大掃除を目前にひかえ、『ペットのお掃除で悩んだことはありますか?』という質問に対し、約4割(40.3%)の人が「悩んだことがある」と回答。さにに『ペットに関する掃除で最も大変だと思うことを一つ教えてください』という質問に対して、約4割(40.6%)の人が「抜け毛」と回答しており、ペットの掃除をする上で「抜け毛」が一番の悩みになっていることが分かった。また、ペットの抜け毛掃除の際によく使うものについて質問をしたところ、「電気掃除機」が約7割(73.5%)と最も多く、続いて「粘着テープ式クリーナー」約6割(56.6%)という結果になった。

 一方、どのようにペットの掃除の悩みを解消しているかについて、実際に行なっている工夫や役立つアイテムに関して質問をしたところ、「こまめにブラッシングをして、抜け毛が飛ばないようにしています」や「とにかく面倒がらず、その都度やる。ためないのがコツといえばコツかも」などペットのお掃除を習慣化することで悩みを解消しているという回答が多数を占めた。更に「コロコロがすぐに使えるように色々な場所に置いています」や「そそうをすることが多いので、ビニールマットを敷いて、ふき取りを楽に」など便利なアイテムを活用してお掃除の負担を軽減する人も多く、なかには「毎日床の水拭きをしています。掃除が楽になるようにオールフローリングにリフォーム」といった回答もあり、飼い主それぞれがペットとの共生に対して、試行錯誤を繰り返しながら快適な環境づくりに励んでいる姿が想像できる結果となった。

 正月は、飼い主にとってもペットにとっても1年の中で最も人に会う機会が多くなる季節。家の隅々まできれいに掃除をし、気持ちのいい新年を迎えられるようにしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です