GPファイナル男子SPで羽生首位、町田が2位

ロイター によると。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは12日、バルセロナで第2日の競技を行い、男子ショートプログラム(SP)では連覇を狙うソチ冬季五輪金メダルの羽生結弦が94.08点で首位に立った。

町田樹は87.82点で2位。初出場の無良崇人は78.35点で6位だった。

3位にマキシム・コフトゥン、4位にセルゲイ・ボロノフのロシア勢が続き、地元スペインのハビエル・フェルナンデスは5位。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です