12月 182014
 

SOCCER KING によると。

 ブンデスリーガ第16節が17日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川はベンチスタートだった。

 現在16位に低迷するドルトムントは1分、相手DFのミスからいきなりチャンスを迎える。ボールを奪ったイルカイ・ギュンドアンが左サイドからクロスを上げると、ゴール前で待っていたピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で合わせたが、シュートは枠を外れた。

 ヴォルフスブルクも4分、右サイドからヴィエリーニャが折り返し、ケヴィン・デ・ブライネがペナルティーエリア内でシュートを放つ。しかし、ミチェル・ランゲラクの好セーブで得点にはならなかった。

 試合が動いたのは8分。縦パスに抜け出したチーロ・インモービレが左サイドからクロスを入れると、ファーサイドのオーバメヤンが合わせてドルトムントが先制した。

 しかし、リードを許したヴォルフスブルクも29分に反撃。ペナルティーエリア手前でFKを得ると、キッカーのデ・ブライネが直接ゴールを決めて同点に追いついた。

 迎えた後半はヴォルフスブルクがペースを握る。49分、イヴァン・ペリシッチのパスを受けたヴィエリーニャがシュートを放ったが、ランゲラクのセーブに阻まれた。

 ドルトムントも56分、オーバメヤンの縦パスに反応したインモービレが見事なトラップから左足でゴールを狙う。さらに76分、相手陣内でボールを奪ってチャンスをつかむと、インモービレが豪快なミドルシュートを放つ。これがゴールに突き刺さり、勝ち越しに成功した。

 だが、ヴォルフスブルクも粘りを見せる。85分、CKからフリーのナウドがヘディングシュートでゴールを奪取。再び同点に追いついた。試合はこのまま2-2で終了となり、勝ち点1を分け合う結果となっている。なお、香川はリーグ戦3試合連続で出場機会が訪れなかった。

【スコア】
ドルトムント 2-2 ヴォルフスブルク

【得点者】
1-0 8分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-1 29分 ケヴィン・デ・ブライネ(ヴォルフスブルク)
2-1 76分 チーロ・インモービレ(ドルトムント)
2-2 85分 ナウド(ヴォルフスブルク)

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>