12月 232014
 

Number Web によると。

 ショパンの「バラード第1番ト短調」のピアノの音色が流れ始める。羽生結弦はリンクの中央に背筋を伸ばして立ち、音楽に聞き入っているかのように、下を向いたポーズのまましばらく動こうとしない――。

 「最初に(この曲を)いただいたときは、(静止が)2~3秒だったんですが、今測ると大体20秒くらいになってますね。非常に緊張する時間でもあるのですが、その間にイメージトレーニングもできたりするので。今日滑ってみて、あの間は非常に大事な時間だと改めて思いました」

 バルセロナのGPファイナルのSP後の会見で、この出だしの部分について羽生はそう語った。本当に20秒もあるだろうか、と聞き返すと、「15秒くらいかな……曲の長さが3分6秒くらいあるので、残り2分50秒になるまで立っていますから」と答えた。

 ISUルールで、SPの制限時間は最長で2分50秒と決められている。だが演技時間は選手が動きを開始してから最後のポーズで静止するまでを計るので、音楽はそれより長くても問題はない。

 「あそこでいかに曲を感じられるか、ということを意識してやっています」と羽生。

 静止したまま少し音楽を聴いて、それからゆったり動き出すという振付はそれほど珍しくない。だがあえて最初のポーズをシンプルな直立にしたところに、振付師のこだわりが感じられる。

「色々なものにチャレンジしたい」
 振付を担当したのは、元世界チャンピオンのジェフリー・バトル。昨年とその前の2シーズンで滑り、ソチ五輪ではSPで歴代最高点を出した「パリの散歩道」を振付けたのと同じ人物だ。だが今回の作風はまた、以前とはがらりと違う。

 「ジェフリーも現役のころは独特の個性を持ったスケーターだった。ぼくも色々と違ったものにチャレンジしてみたいと思いました」

 ヴォーカル曲も使えるようになった今季、SPであえてクラシックなピアノ曲を選んだ理由を聞くと、羽生はそう答えた。 羽生側からリクエストをしたのは、ピアノ音楽、ということだけ。ショパンはバトルが選んだ曲なのだという。

 「最初にいただいたときは、曲自体が単にきれいだなと思ったのですが、滑っていくにつれて3拍子がすごく難しかった。またピアノを自分で弾いた経験がないので、独特の強弱をつけるのが大変でした」

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>