12月 282014
 

日刊スポーツ によると。

 男子フリーが行われ、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20=ANA)が、圧巻の演技で、07年の高橋大輔以来の大会3連覇を飾った。

 ショートプログラム(SP)1位からのフリー、最初の4回転サルコーで転倒したものの、残りのジャンプをほぼ完璧に決め192・50点。合計286・86点で2位以下を30点以上も引き離すぶっちぎり優勝だった。

 ジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した17歳の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)は、会心の演技を見せ、251・28点で2位。

 小塚崇彦(トヨタ自動車)は、フリーでSP6位から巻き返し、245・68点で3位に入った。

 初優勝を狙った町田樹(関大)は、序盤のジャンプミスが響き、242・61点で、SP2位から総合で4位に後退した。

 無良崇人(HIROTA)は、236・40点で5位だった。

 11月のNHK杯で優勝した村上大介(陽進堂)は202・08点で7位だった。

 28日は女子フリーが行われ、同日、優勝者を含む男女各3人の世界選手権(来年3月・上海)代表が発表される。

<男子の総合順位>

(1)羽生結弦 286・86点

(2)宇野昌磨 251・28点

(3)小塚崇彦 245・68点

(4)町田樹 242・61点

(5)無良崇人 236・40点

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>