1月 072015
 

BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり によると。

〈新春スクープ〉の見出しにて、綾瀬はるか(29)の熱愛報道が掲載されたのは、元日の「日刊スポーツ」1面でのこと。相手は年下俳優の松坂桃季(26)で、昨年公開の映画『万能鑑定士Q―モナ・リザの瞳―』での共演をきっかけに交際が始まった、というのだが。

「信憑性は薄いですね」

 と断ずるは、ベテラン芸能評論家である。

「新年一発目のスポーツ紙は、おめでた気分で根拠の薄い記事を掲載しがち。昨年元日の『スポーツ報知』も“中森明菜(49)と40代神主男性との結婚説”を報じましたが、続報はなく、ガセだったようです」

 今回のニッカン報道に対し、双方の事務所は「友達の一人です」と即座に交際を否定。事務所に取材した別のスポーツ紙記者も、

「“飛ばし”の可能性高し」

 との分析だ。ただし、綾瀬は過去にも大沢たかお(46)との関係が度々噂されつつ、所属のホリプロは断固として認めなかった。 

 そこでホリプロに近いさる消息筋に話を聞くと、

「2人が、かなり親密な間柄であり、ひそかに会っていることは確かなようです。ただ、“交際”と呼べるかどうか。おそらく、お互い関係を事務所には報告していない、もしくは反対されているのでしょう」

 綾瀬チャンもいい歳だし、松坂クンとしても相手に不足なしだけど?

「綾瀬は、昨年末のドラマで処女の役を演じたように“純真さ”が売りの女優で、男の影は隠したい。松坂も、所属するトップコートの看板である上、同じ事務所の杏(28)が結婚したばかりですから、続けて異性ファンを失うのは痛い。証拠写真でも撮られない限りは、どちらの事務所も認めないはず」(同)

 真偽やいかに。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>