1月 202015
 

SOCCER KING によると。

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループD第3節が20日に行われ、日本代表はヨルダン代表と対戦。日本は24分、FW本田圭佑の3試合連続ゴールで先制した。その後チャンスを決めきれずに苦しんだが、82分にMF香川真司が追加点をあげ、2-0の勝利でグループリーグ最終戦を終えた。

 試合後、本田は3連勝で首位通過を決めたことについて「ほっとしています。次も中二日ですから、まず今日の疲れをしっかりとりたいなと思います」と、安堵の表情を浮かべながら語った。

 3試合連続ゴール決め、決勝トーナメント進出に大きく貢献したことについては「それに関してはすごく嬉しいですし、チームメイトにも感謝したいなと思います」と、自身のゴールは味方を信じ続けた結果だと述べ、「非常にいいボールが、今のところ来ていますんで、このままそういったチャンスをしっかり待って、いい準備をして決めていきたいなと思います」と、決勝トーナメントでも得点の量産を誓っている。

 イラク戦では攻め込みながらも追加点を奪えずに終わった。この試合では香川に待望の得点が生まれ、2点差で勝利できたことには「チームとして、より1点でも多く取れるというのは、非常に良い雰囲気になります」と、追加点を取れたチームを評価した上で「今日(香川)真司が取れたことは良かったと思います」と、香川の得点を喜んだ。

 一方で「それでもまだまだチャンスを無駄にしている部分があるので、その精度を高めていけたらなと思います」と、試合を振り返り、反省点を挙げている。

 グループリーグでの「次の3試合に行けるかどうかはわからないですけど、ここまでの3試合に関して言えば、そこまで危なげなく戦って来られたというのは、(前回大会の)4年前から大きく成長したところなのかなと思います」と、チームの成長を肌で感じている様子だ。

 勝利した日本はグループ首位通過が決定。23日に行われる準々決勝でUAEと対戦する。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>