2月 152015
 

映画.com によると。

世界的人気キャラクター、ムーミンの母国フィンランドで製作された初の長編アニメ映画「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」の日本公開(2月13日)を前に、オープニング映像が一足早くお披露目された。スナフキンがムーミン谷をめぐる様子を、ピアノ曲に乗せて自然豊かな景色と繊細な色づかいで描き出した、本編への期待が高まる美しい映像だ。

 原作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念した作品で、地中海沿岸のリゾート地リビエラにやってきたムーミン一家の冒険を、フランス人監督グザビエ・ピカルドが描いた。日本語版声優はムーミン役の高山みなみほか、1990年代に日本で製作・放送された「楽しいムーミン一家」の面々が担当する。

 全編を手描きアニメーションで製作したピカルド監督は、オープニング映像へのこだわりについて「ムーミン谷を知らない人にムーミン谷を見ていただこうと思ったのです。実はムーミンの原作を見てもほとんどムーミン谷の画はなく、今回すべて作り上げました。ムーミンの事はまだ誰も知らないという前提で始まるので、スナフキンを登場させました。また、あの場面には芸術的なこだわりがあり、少しずつグラデーションが迫ってくるような色を選んで、ムーミン谷の雰囲気を作りました」と語っている。

 「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」は、2月13日から全国で公開。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>