3月 092015
 

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・世界ジュニア選手権最終日(7日、エストニア・タリン)男子でショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(しょうま、17)=愛知・中京大中京高=が、フリー2位の合計232・54点で初制覇した。日本男子の優勝は5人目で10年の羽生結弦(ANA)以来。山本草太(15)=邦和スポーツランド=は合計215・45点の3位、佐藤洸彬(19)=岩手大=は176・66点で15位だった。

 序盤の出遅れを何とか挽回した。演技冒頭の大きなミスを乗り越え、17歳の宇野が昨年12月のジュニアグランプリ・ファイナル(バルセロナ)との2冠を達成。飛躍のシーズンを表彰台の中央で締めくくった。

 「最後まで気持ちを切らさずにまとめられた。結果がついてきてよかった」

 演技直前の6分間練習までは完璧だった。SP首位でフリーを迎え、“優勝”の二文字が頭をよぎり「腰が引けた」という。今季習得し、ここまで高い確率で成功を収めていた4回転トーループで、踏み切りのタイミングが合わず失敗。普段は10点以上を獲得できるジャンプの基礎点はわずか1・30点だった。

 腹をくくった。「ここで攻めないとどうにもならない」。続く2本のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷させて、リズムをつくる。終盤に予定していた連続3回転ジャンプでは、跳びすぎ違反を避けるため、後半を2回転に切り替える冷静さも光った。

 「最後のジュニアの舞台で結果がついてきてよかった。やることはまだまだある。きょうもまた勉強になった」

 尊敬するバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さんや、ソチ五輪王者の羽生ら、トップスケーターと同じ称号を手にし、来季は満を持してシニアに挑む。フリーはジュニアより30秒長い4分半。昨年12月の全日本選手権(長野)では2位、先月の四大陸選手権(ソウル)では終盤に息切れして5位。苦戦で得た経験を糧に、新たな舞台へ乗り込む。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>