4月 152015
 

毎日新聞 によると。

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(16日開幕、東京・国立代々木競技場)に出場する日本選手が15日、記者会見を行った。ソチ五輪男子金メダルで先月の世界選手権2位の羽生結弦(ANA)は「実績から、僕が一番期待される。(チームを)引っ張っていけるような演技をしたい」と、エースとしての決意を示した。

 「パーソナルベスト(自己最高得点)というか、一番いい、絶対勝てるパフォーマンスをしなくてはいけない」という羽生。この日に行われた公式練習では2種類の4回転ジャンプに挑み、曲をかけた状態で4回転トーループの回転が抜けた以外はすべて着氷した。滑りもスピードがあり、状態が戻ってきていることをうかがわせた。

 大会は6カ国が出場し、男女各2人とペア、アイスダンス各1組の順位点の合計で争う。日本は男子が羽生以外に無良崇人(HIROTA)、女子は今季世界選手権銀メダルの宮原知子(さとこ)=大阪・関大高=と村上佳菜子(中京大)、ペアは古賀亜美(オリオンク)、フランシス・ブドローオデ(カナダ)組、アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)が出場する

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>