『スター・ウォーズ』最新作ワールドプレミア、LAで10年ぶり!豪華キャスト集結

シネマトゥデイ によると。

 米ディズニーとルーカスフィルムがシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のワールドプレミア上映を12月14日(現地時間)にロサンゼルスで行うと The Hollywood Reporter が報じた。

 多くのファンが公開を今か今かと待ちわびている映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。最新の予告編や関係者の発言を逐一チェックしている方も多いはずだ。そんな映画が12月18日の全世界同時公開に先立って、アメリカはロサンゼルスで現地時間12月14日にワールドプレミア上映されるという。
.

 さらに当日の上映会場には多くの出演者が初めて一堂に会するそうだ。旧シリーズのマーク・ハミルやハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーに加え、ジョン・ボイエガやデイジー・リドリー、オスカー・アイザックなどなど。彼らが一緒にいるのを見られるだけでも、スター・ウォーズファンにとっては特別な1日になるに違いない。
.

 情報を外に漏らさぬよう、関係者への試写もごくわずかにとどめているといわれる本作品。ワールドプレミアのチケットは、近年のハリウッドでも類を見ない程、入手困難なものになるだろうと同サイトは伝えている。
.

 前作『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のプレミア上映は2005年5月にロサンゼルスのマン・ヴィレッジ・シアターで行われた。あれから早10年。ついに最新作のワールドプレミアが再びロサンゼルスで行われる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です