仏から帰国 宇野「言葉がない」

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・フランス杯に出場した宇野昌磨(愛知・中京大中京高)ら日本選手が16日、成田着の航空機で帰国した。パリで起きた同時多発テロの影響で、大会は2日目以降が中止に。当初は会場のボルドーからパリを経由する予定だったが、安全を考慮してローマ経由に変更し、1日早く到着した。

 男子ショートプログラム(SP)を終えて首位だった宇野は「疲れは残っていないが、フリーがなくなったことより、(テロで)たくさんの方が犠牲になられたことの方が言葉がない」。女子SP4位だった村上佳菜子(中京大)は「初めての経験で動揺もあったが、切り替えて調整したい」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です