北米映画興行収入…ディズニーアニメ「ズートピア」が初登場1位

ロイター によると。

バラエティ・ドット・コムによると、週末3日間(4─6日)の北米映画興行収入ランキングは、 ディズニー・アニメーション最新作「ズートピア」(日本公開:4月23日)が、7370万ドル(約82億6000万円)で初登場1位となった。

本作は、動物たちが人間のように暮らす楽園で、ウサギの警察官が活躍するファンタジーアドベンチャー。

ジェラルド・バトラー主演「エンド・オブ・キングダム(原題:London Has Fallen)」(日本公開:5月28日)は、2150万ドルを稼ぎ、初登場で2位。この映画は、2013年に公開され大ヒットしたアクションスリラー映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。

前週に首位だった「Deadpool(原題)」は1640万ドルで3位。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です