ドルトムント逆転勝ち、香川は後半途中までプレー

ロイター によると。

サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは20日、各地で試合を行い、香川真司のドルトムントはアウクスブルクを3─1で下した。香川は先発し、後半途中までプレーした。

ドルトムントは前半16分に先制されたが、その後ヘンリク・ムヒタリアン、ゴンサロ・カストロ、アドリアン・ラモスが得点した。ドルトムントは勝ち点64で2位。バイエルン・ミュンヘンが同69で首位。

レーバークーゼンはシュツットガルトを2─0で下し、6位に浮上した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です