4月 102016
 

日刊スポーツ によると。

 平昌五輪までの青写真が見えた。フィギュアスケートの世界選手権を終えた浅田真央(25=中京大)が6日、開催地のボストンから成田空港に帰国した。復帰シーズン最終戦となった同選手権は過去最低の7位。すでに現役続行の意思を示しており、帰りの機中で考えたのは来季の明確な目標。それは「勝つこと」。今季は点数、順位についてめったに口にせず「自分の目指す演技をする」と繰り返してきたが、来季は「選手である以上は勝ちにこだわらないといけない」。戦う心にやっと火がついた。

 さらに「勝つためにはジャンプのレベルを上げていかないといけない」と続けた。現在、女子も優勝するには連続3回転など高難度の連続ジャンプを確実に決めることが必須。今季は難しいプログラムに取り組んだが、ジャンプをそろえられず、終盤には確実性を求め、難度を下げざるを得なかった。武器のトリプルアクセル(3回転半)を含めて精度を高め、女王に返り咲く構えだ。

 その先には、18年平昌冬季五輪が待つ。次がプレシーズンとなることに「早いなぁ、って感じが強い」と話し、「目の前の目標を1つ1つクリアにして、気づいたらオリンピックが近づいた、と思っていけるようにしたい」。結果を積みあげ、3度目の五輪へとつなげる

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>