4月 232016
 

フジテレビ系(FNN)によると。

熊本地震から10日目の23日、南阿蘇村では依然、行方不明の2人の捜索が続いている。一方、避難所では、ノロウイルスの症状を訴える人が、28人出ている。
災害対策本部が置かれている、南阿蘇村役場。
南阿蘇村では、今も2人の行方がわからず、捜索が続いているが、昼ごろから雨が降り始めていて、捜索が、また中断する可能性がある。
早川 海南男さんが行方不明となっている高野台団地周辺の捜索は、22日昼から、夜を徹して行われ、現在も550人態勢で続けられている。
一方で、崩落した阿蘇大橋付近で行方不明となったとみられる大和 晃さん(22)の捜索は、現場で安全が確保されていないため、無人の重機による捜索が行われている。
一方、避難所となっている南阿蘇中学校では、ノロウイルスが原因とみられる症状を訴えている人が、23日朝の段階で28人にのぼっている。
うち、17人が病院に搬送されていて、中には、ノロウイルスが検出された人もいるという。
病院に搬送できない人は、避難所内での隔離や車中で様子を見るなどの措置がとられている。
断水でトイレなどの衛生状態が保たれなかったことが原因だとみられ、避難所では24時間態勢での衛生管理を続けているという。.

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>