4月 232016
 

クランクイン! によると。

 『アナと雪の女王』『ベイマックス』に続く、ディズニー最新作『ズートピア』がついに公開される。動物たちの楽園“ズートピア”を舞台に、警察官のウサギ・ジュディがキツネの相棒・ニックとともに、楽園の秘密を追うファンタジー・アドベンチャー作品だ。公開に先立って来日した、バイロン・ハワード監督とリッチ・ムーア監督に、作品への思いを聞いた。

 本作は、ディズニーの王道とも言える、動物を主人公とした作品ながら、これまで誰も見たことのなかった、“全ての動物たちが共存して生活している世界”を描く。ムーア監督は、コンセプトを聞いて一番興奮したのは、本作が「非常に深いテーマを扱っているということ」にあると振り返る。「お互いが食べ合うことなく進化を遂げてきた世界というのは、どういう歴史があって、どういう世界なんだろうということにすごく惹かれました。そういったストーリーによって、人間社会に共通するテーマを描けるのではないのかという可能性にワクワクしましたね」。

 そんな思いで作られた動物たちの世界は、一方で、人間世界の縮図ともとれる世界になっている。「動物たちの世界とはいえ、人間社会と似ている。それは、都市の景観を取り入れているのもあります。アメリカだけでなく、世界各国の都市から様々なインスピレーションを得て、非常に国際色豊かな都市を作り上げていきました。ただ、ストーリーは非常に普遍的なテーマを語っていると思います」と、ハワード監督は明かす。

 「ジュディは一見、とても典型的なディズニーアニメのヒロインだと思うと思います。大きな夢に向かって努力をするというのは、確かに、今までにあるキャラクターです」と話すハワード監督。だが「皆さんも経験があると思いますが、実際に現実の社会に出た時に、思っていたことと違う、実はそんなに甘くないという現実に直面するんです。もちろん、ジュディはそれで簡単に夢を諦めることはしません。そして、その過程で、ズートピアの下に隠された秘密を発見するのですが、その旅は、同時に自己発見の旅でもあるんです。彼女自身が、自分でも気づいていなかった弱さに気づき、それと向き合って受け入れていくことで、大きく成長していくわけです。夢は叶わないと言っているわけじゃないんです。夢は叶うけれども、自分が思い描いていた方法で叶うとは限らない。そういったメッセージが含まれています」。

 物語の根底に、こうした“リアリティ”があるからこそ、子どもだけでなく、大人が見ても強く共感し、ジュディと一緒になって旅を楽しめるのだ。

 また、本作の見どころの一つに、動物たちのリアルさがある。どのキャラクターも、洋服を着て二本足で立ち、言葉を話すのに、まるで本物の動物たちを見ているかのような気にさせる。リアルな動物たちはどうやって生まれたのだろうか。
 
 「私たちは、人間が動物のコスチュームをかぶったというだけにはしたくなかった」というリッチ監督は、「1年半ほどかけて、自然界そのものの野生の動物たちの種の異なる見た目、そして動き、しぐさをリサーチしたんです。人間のような感情を持ったキャラクターであると同時に、自然界におけるリアルなありのままの姿であるという融合という点でも、とてもユニークな映画になっていると思います」。

 これまでのディズニー作品とはまた一味違う、まったく新しい世界がここに広がる

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>