6月 242016
 

オリコン によると。

 プロフィギュアスケーターの荒川静香、モデルの舟山久美子、フリーアナウンサーの平井理央が21日、東京・渋谷パルコにて行われたスキンケアブランド・SK-IIの新キャンペーン記念イベント「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう~」にゲストとして登壇した。トリノ五輪で金メダルを獲得し、1つの“夢”を叶えたという荒川は「今は、子供の夢を応援したい。いずれ、子供の子供を抱けるように、子供を立派に育てて、おばあちゃんになることが夢」と目を細めた。

 イベント内で、子どもの頃と“今後の夢”についてトークを交わした3人。世界女王&五輪メダリストとしてフィギュアスケート界の頂点に立ち、今もなお多くの人を魅了している荒川は「プロとしてスケート靴を脱ぐ日まで、やっててよかったと思えるまでやりきることが目標。1人でも多くの人にスケートが楽しいと伝えたい」と今後の思いについて熱弁。

 ネイリストやヘアスタイリストといった職業に憧れを抱いていたという舟山は「何か人のためになりたいと思ってた。まさか自分が表舞台で、ファッションやメイクに関して発信しているなんて」と照れながら笑みを浮かべ、「結婚だったり、子供(を持つこと)も夢」と乙女心を口にしていた。

 アイドル活動を経て、フジテレビのアナウンサーを務めてきた経歴を持つ平井は「仕事の中でやりがいを感じるのはインタビューなんですけど、最近、カメラにハマっていて。人のすごくいいなという表情を切り取りたいと思っているので、インタビュアー兼カメラマンとしてやりたい」と現在の胸中を告白。それを聞いた荒川や舟山は「ぜひ、撮ってほしい」と興味津々で、さっそく平井のもとにオファーが殺到していた。

 この日のイベントでは、「#changedestiny~運命を、変えよう。~」を理念に掲げる同ブランドが、夢について今一度考えるきっかけを与えるキャンペーン動画を公開。子どもたちからの「今の夢はなに?」という率直な問いかけに、大人が考えこむという、メッセージ性の強い動画で、荒川は「大人になると、あれこれ考える。子供のメッセージを通して、忘れかけていたことが詰まっていたと思う」と感慨深げに語っていた。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>