6月 242016
 

東スポWeb によると。

 フィギュアスケートの浅田真央(25=中京大)が“解説付きプログラム”に挑戦する。20日は東京・表参道ヒルズに期間限定でオープンする化粧品メーカー・アルソアの「ポップアップハウス」オープン記念記者会見に出席。「店長 浅田」と書かれたネームプレートを胸につけ、一日店長に就任し「店長と呼ばれるたびにドキドキします。ぜひ、来てください」と笑顔でアピールした。

 新シーズンに向け、すでにカナダで新たなプログラムづくりを終えた。エキシビションはバッハ作曲の「チェロスイート」と発表済み。ショートプログラム(SP)、フリーについて真央は「2つで1つのプログラム。SPのイメージは黒、フリーのイメージは赤。今年の曲もとても気に入っている」と説明したものの、この日も曲名を明かさなかった。

 自身が座長を務めるアイスショーの「ザ・アイス」(7、8月)で新SPを披露する予定だが、その前に両方の曲名を発表する。しかも、今回は曲名だけではなくSP、フリーの関連性や内容についての詳細な説明文も公表されるという。「そのほうが、見るときに分かりやすく楽しめる」(真央に近い関係者)という“解説付き”だ。新たな試みとあって、真央も気合十分。「楽しいし、やりがいがある」と意欲を燃やしている。

 2018年平昌五輪を目指すことを明言しており「技術的にも進化していきたい。前に進みたい」(真央)。五輪プレシーズンで、進化した姿を見せるつもりだ

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>