宇野昌磨2位、ファイナルへ…フェルナンデス逆転V

時事通信 によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、ロシア杯最終日は5日、モスクワで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(中京大)はフリー186.48点で2位となり、合計285.07点で2位だった。優勝した第1戦スケートアメリカの成績と合わせ、シリーズ上位6人で争うファイナル(12月、フランス・マルセイユ)進出を決めた。

 宇野は序盤に4回転ジャンプを2種類決めたが、演技後半の4回転トーループで転倒。予定していた連続ジャンプを跳べなかったことも得点に響いた。

 世界選手権2連覇のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が合計292.98点でSP2位から逆転優勝。田中刑事(倉敷芸術科学大)は同224.91点で7位だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です