浅田真央SP8位も納得「今の状態ではよかった」

日刊スポーツ によると。

浅田真央(26=中京大)は61・29点で8位。連続ジャンプの3回転フリップが回転不足になったが、他は大きなミス無くまとめ「今の状態ではよかった。とりあえず乗り切った」と納得の様子だった。

 GPスケートアメリカ後の日本での2週間の練習でも、パリでの前日練習でも調子が上がらない。「大丈夫かな」と思いながら本番朝の練習に臨むと、3回転フリップなどジャンプが軽々と決まった。「ようやくちょっと(感覚が)戻ってきたかな」といいイメージを持って本番を迎えられた。「その中でこういう演技をできたのは次につながる」。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)や3回転-3回転の連続ジャンプを除くなど、まだ演技は浅田本人が目指すレベルには遠い。だが「今の状態からしてまずまずまとめられた」と、本番に調子を合わせられたことを喜んだ。

 12日(日本時間13日)のフリーでは、調子をみて、3回転連続ジャンプに挑戦する可能性もある。「(今季)3戦目になるので、ジャンプ1つ1つ丁寧に集中したい」としっかり点を取りにいく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です