「ユニクロのジーンズが変わる」LAにデニム専門施設を開設

Fashionsnap.com によると。

 ファーストリテイリングが、ロサンゼルスにデニムの研究と開発を行うための専門施設「デニムイノベーションセンター(DENIM INNOVATION CENTER)」を開設した。「ユニクロ」とプレミアムデニム「J Brand」の研究から着手し、同施設で開発された商品は2017年の秋冬シーズンから展開を開始する予定。

 施設にはグループのジーンズ開発のスペシャリストが集結。ジーンズの伝統を踏まえつつ、最新のテクノロジーや素材を用いたジーンズの開発を進める。世界中からデニムの情報が集まるロサンゼルスに研究開発拠点を設けることで、時代のエッセンスをデザインに取り込み「Fabric・Fit・Finish(生地・シルエット、穿き心地・加工、デザインディテール)」を軸に、世界のファブリックメーカーとの生地開発や、最先端の加工技術の研究と開発を行っていく。商品開発を自社の設備で完結することでスピードと質が向上するほか、設備を生産委託先の工場の研修拠点としても活用し、生産のノウハウをブランド全体に広めていく考え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です