羽生結弦、さらなる進化へ4回転ルッツも練習「視野に入れていきたい」

スポニチアネックスによると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズNHK杯の男子を制した羽生結弦(21=ANA)がさらなる進化に意欲を見せた。競技から一夜明けた27日に取材に応じ、今季開幕前に4回転ルッツの練習に取り組んでいたことを明かした。「オフにやっとステップアウトまでいった。来季、組み込む話じゃないけど、視野には入れていきたい」。

 羽生は左足リスフラン関節に不安を抱えているが、エッジのアウトサイドで踏み切るルッツは負担が少ないという。「アウトで踏み切るのでかかとの方に乗れる。リスフランへの衝撃が少ない」と説明した。

 この日のエキシビジョンの練習では4回転ループをトーループとのコンビネーションで着氷。これまで、公式練習などではフリーの最後のジャンプに4回転トーループや4回転サルコーに挑むなど、常に進化を目指している。

 12月には史上初の4連覇が懸かるGPファイナル(フランス・マルセイユ)、全日本選手権(大阪)と大舞台が控える。「一歩一歩進めている」。表情には自信がみなぎっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です