11月 302016
 

エンタメOVO によると。

 ビルよりも巨大化した浅田真央選手と姉の舞。都心のオフィス街を疾走し、パンチをふるいキックで応戦。まるでウルトラマンかゴジラのようにダイナミックに戦う2人の姿に「おおっ!」と驚いた人も多いはず。そう、10月1日からオンエアされている、佐藤製薬のカゼ薬「ストナ」のTVCM『カゼVSストナ2016』篇だ。

 ストナをイメージした白い衣裳の真央選手と、カゼのウイルスを吹き散らす黒い衣裳の真央選手が戦うCMは、昨シーズンも話題になったが、今シーズンはさらにスケールアップ。浅田姉妹の華麗でスピーディーなバトル展開と迫力ある演技で、新しいストナの効き目感を表現したという。確かに何度見ても目を奪われるインパクトのあるCMだ。

 だが、驚きはそれだけではなかった。実はそのバトルシーンに至るまでの壮大な追跡劇が製作されていたのだ。この話題のCMの長尺版ともいえるWEB限定ムービーが11月30日から公開されたが、これがまたスゴイ! あちこちでカゼのウイルスをまき散らす舞を、巨大化した真央選手が沖縄県の万座ビーチから北海道の大通り公園まで全国47都道府県のランドマークを高速スピードで疾走して追跡。阿蘇山の横を駆け抜け、四国の本四架橋を背面跳びで越え、琵琶湖の水上や雪の蔵王などを走り抜けジャンプしていく。

 あまりに壮大な映像にただただ見入ってしまい、約120秒という時間はあっという間。そして、この動画の最後の場面は東京。そう、あのTVCMの映像は壮大な物語のクライマックスだったのだ。舞(カゼのウイルス)がすごすごと退散し、真央選手(ストナ)がどや顔をするコミカルなシーンも説得力を増しているように感じられる。    

 これからの季節、日本全国どこであろうと出没しそうなカゼのウイルス。浅田真央演じる(?)カゼ薬「ストナ」のような“スピード勝負で、風邪に一撃!”が肝心かもしれない。「新型ストナシリーズ」は、喉の痛みや発熱に効く『ストナアイビージェルS』、つらいせき、たん、発熱に効く『ストナプラスジェルS』、鼻水、鼻づまり、発熱に効く『ストナジェルサイナスS』の3種類(全て指定第2類医薬品)が発売中。自分の症状に応じて使い分けられるから、カゼだと思ったら素早い対応を!

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>