北欧やムーミンの世界を体験 「メッツァ」発表会

テレ玉 によると。

飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに開設される予定の新施設「メッツァ」の記者発表会が6日、都内で行われ、さ来年から施設の一部がオープンすることが発表されました。

「メッツァ」は日本でも人気の高いフィンランド発祥のキャラクター「ムーミン」の世界観や北欧のライフスタイルを体験できる施設で、ことし6月から開業の準備が進められています。6日は、「メッツァ」に関連する企業の担当者や飯能市の大久保勝市長などが記者会見を行い、「メッツァ」のオープン時期やコンセプトなどを発表しました。大久保市長は「メッツァの開設地として飯能が選ばれたことは市民にとってとても嬉しいこと。6日の発表が世界中の喜びにつながると思う」と話し、開業への期待を寄せました。

「メッツァ」は2つのエリアに分かれていて北欧をイメージしたマーケットや宿泊施設が並ぶ「メッツァビレッジ」がさ来年=2018年秋にオープンする予定です。そして、翌2019年春にはムーミン一家の暮らす屋敷や複数のアトラクションを展開する「ムーミンバレーパーク」が完成する予定だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です