12月 082016
 

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日にフランス・マルセイユで開幕する。男女通じて史上初の4連覇がかかる羽生結弦(22)=ANA=は8日午前、公式練習に参加。ショートプログラム(SP)「レッツ・ゴー・クレイジー」の曲かけでノーミスの演技を披露。精細を欠いた前日練習から見事に修正してきた。

 冒頭の4回転ループ、続く4回転サルコー―3回転トウループの連続ジャンプ、最後の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)全て完璧に成功。世界最高得点更新へ期待をもたせた。

 7日の練習では柔らかい氷に苦戦。ループ、サルコーといったエッジ系のジャンプでミスが目立ち「軸の取り方がうまくいっていない。試合まで時間があるので、今日ゆっくり考えながら、イメトレをしながら寝て、明日に備えたい」と話していた。

 昨年大会では110・95点をマークし、自身の世界最高得点を更新した。左足の故障により始動が遅れた今季だったが、11月のNHK杯のSPで103・89点の今季世界最高得点を記録し、調子を上げてきた。7日の囲み取材では「こっちに来る前までフリーもしっかりノーミスしてきたし、ショートもほとんど毎日のようにノーミスしている。問題はないとは思っている。できます! はい。やります! はい」と笑顔だった。

 男子ショートプログラム(SP)は8日午後9時10分(日本時間9日午前5時10分)から行われる。羽生は最終滑走。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>