12月 092016
 

デイリースポーツ によると。

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、前人未踏の4連覇を狙う羽生結弦(22)=ANA=は、自己ベスト(110・95点)には及ばなかったものの、今季世界最高となる106・53点で首位発進を決めた。2位は元世界王者のパトリック・チャン(カナダ)で99・76点、3位は現世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)で91・76点。日本の宇野昌磨(18)は86・82点で4位につけた。

 プリンスの中性的なボーカルと、激しいギターサウンドに乗り、羽生が熱狂のライブステージを繰り広げた。「手足が震えるぐらい緊張していた」と振り返ったが、冒頭の4回転ループをなんとかこらえると、見る者を別次元へと誘った。続く4回転サルコー-3回転トーループ、後半のトリプルアクセルはほぼ完ぺきに成功。そして、圧巻だったのはステップだ。曲と一体となり、美しい軌跡を描きながら、観客を手招きし、煽る姿はまさに“ロックスター”。ステップは最高難度のレベル4に加えて、ジャッジ9人中8人が出来栄え点(GOE)で満点のプラス3をつけ、上限いっぱいの2・1点の加点を引き出す圧倒的な内容だった。

 表現力を示す5項目の構成点では、異次元の9点台中盤を並べ、第一人者のチャンを上回り、トップのスコアをマーク。「NHK杯で殻を破れたので、より楽しみながらできた」。今季のSPのテーマは観客との「コネクト(つながり)」。進化の止まらない22歳は、プリンスの名曲を完全に手の内に入れつつある。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>