「羽生世代」に本人謙そん「実力は一番下」

東スポWeb によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで史上初の4連覇を達成した羽生結弦(22=ANA)が13日、成田空港に帰国した。

 数百人のファンに出迎えられた羽生は「演技中もお客さんを見られるようになってきたんですけど、お出迎えみたいなのはまだ頭の中で追いついてないところがありますね」と戸惑いも。GPファイナルではフリーでジャンプにミスが出て失速しただけに「4連覇はうれしいけど、今は充実感より悔しさが大きい。全日本選手権(22日~、大阪)に向けて短い時間ですけど、成長できるように練習したい」と全日本でのリベンジを誓った。

 日本ハムの大谷翔平投手や競泳リオ五輪メダリストの萩野公介、瀬戸大也らと同い年。大谷からは今年初め「羽生世代」と命名されたが「時期的に五輪が先に来ただけで実力は一番下。その中でのみ込まれないようにやっていきたい」と謙虚に話した。

 最近は「恋ダンス」や「PPAP」を踊って話題を集めた。恋ダンスはMVに出演するダンスグループ、イレブンプレイをまねたもので、SPの演技にも役立っているという。リング外の“演技”からも目が離せない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です