4月 022017
 

Lmaga.jp によると。

桜の名所として有名な「醍醐寺」(京都市伏見区)に、イケアが店内の家具をコーディネートしたカフェ「カフェ・スゥ・ル・スリジエ」が、4月1日境内にオープンした。店名はフランス語で「桜の木の下で」という意味。

醍醐寺はこれまでも、「寺子屋プロジェクト」として学びを実践する場を提供。コミュニティの中心として人や文化の交流の場であったお寺本来の意義と、地域の経済的発展を願い、さまざまな活動をおこなっており、近年では世界遺産に関する授業について学生の研究成果に協力することも。その姿勢に賛同したイケアが、価値ある物を継続的に使っていくサステナブルなアイデアを発信する拠点となるべく、新たなコミュニケーションの場の提供をサポートした。

こちらは5年前に休憩所として建てられ、ベンチだけを置いていたスペース。枝垂れ桜が周りを取り囲み、京都で一番に桜が咲く名所として、憩いの場となっていた。「環境に配慮したイケアの家具をコーディネートすることで、自然や環境問題、環境にやさしい暮らしのヒントを学ぶきっかけになれば」とイケア・ジャパン副社長のミリヤ・ヴィーナネンさんは語った。コーヒー400円から。また、醍醐寺霊宝館春期特別展「醍醐の花見」は5月15日まで開催中。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>