4月 212017
 

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦第1日(20日、東京・国立代々木競技場)ブルーの衣装に身を包んだ三原が、飛び上がって喜びを爆発させた。今季最終戦のSPで、ノーミスの演技を披露。スピン、ステップでも初めて最高評価のレベル4をすべてで獲得し、女子SPで3位発進となった。

 「まさか72点も出してもらえるとは思っていなかったのでうれしい」

 今季のグランプリ(GP)シリーズ中国杯で出した得点を3・62点更新し、自己ベストの72・10点をマーク。世界選手権で2回転になり転倒し、15位スタートの原因にもなった最後の3回転フリップもきっちり着氷。今大会に向けて、ジャンプ前のステップから15回連続で3回転フリップを跳ぶ練習を積むなど、努力が実った。

 「世界選手権でミスしたフリップは、ここで挽回しようと強い気持ちで跳べた」

 長年女子を引っ張ってきた浅田真央さん(26)が引退し、初めて迎えた主要大会で三原が躍動。日本女子歴代3位の高得点をマークした。来年の平昌五輪シーズンへ、弾みのつく大会となった。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>