12月 242017
 

THE PAGE によると。

真っ赤な衣装で勝負した坂本花織が2位をキープ。2枚目の五輪切符をほぼ手中にした(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
フィギュアスケートの平昌五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権の第3日が23日、武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、女子フリースケーティング(FS)では、ショートプログラム(SP)で2位だった宮原知子(19、関大)がノーミスの演技で147.16の高得点を叩き出して計220.39点で逆転での4連覇を果たし五輪代表の1人目に内定した。気になる2枠目争いでは、SP首位だった坂本花織(17、シスメックス)が計213.51点で2位をキープ。もう一人の有力候補だった樋口新葉(16、日本橋女学館)は予定の3回転が2回転になる大きなミスを犯して計206.96で4位に沈み、年齢制限で平昌五輪に出られない紀平梨花(15、関大KFSC)がトリプルアクセルを2度成功させて計208.03点で3位に入ったため、代表2人目は、ほぼ坂本で異論の余地がない流れになった。奇跡の優勝にしか五輪出場の望みのなかった本田真凜(16、大阪・関大高)は、ジャンプにミスが出て計193.37点で7位だった。日本スケート連盟は選考委員会での協議の上、24日の全種目終了後に男女シングルの代表5人を発表する。 
これが宮原の強さだろう。経験、貫禄、そして圧倒的な表現力。
首位の坂本を0.36点差で追う宮原は、冒頭の3回転ループをクリーンに着氷すると、蝶々夫人の世界を表情豊かに演じる。回転不足が心配された連続ジャンプも丁寧に成功。最後の7つ目のジャンプである2回転アクセルを成功させると、リンクサイドから見守った浜田美栄コーチは、もう思い余って涙をこらえきれなかった。控えめな宮原が珍しく両手を突き上げて感情を爆発させた。
「いままでの中で一番うれしかった」
 それはそうだろう。
 左股関節の疲労骨折の影響で五輪どころかリンク復帰できるか、どうか、ギリギリの状況でのシーズンイン。ジャンプを飛び始めたのが10月。当代一の練習量に支えられている宮原にとって、その練習量を消化できず、練習を支柱にできなかったのがなにより苦しい。しかし、ジャンプのできない時間を利用して、スピンやステップ、表現力、曲の理解や感受性を高めるなど、やれることをやった。

 演技構成点は 74.41点だった。五輪でも武器になる表現力が一度は絶望しかけた五輪へと押し上げた。

 問題は五輪代表の2人目である。有力候補の樋口がミスをした。前日の公式練習で右足を痛めた影響と緊張が重なったのだろう。
 SPで失敗した冒頭の2回転アクセルは成功したが、連続ジャンプに続く、3つ目に予定していた3回転サルコーが2回転サルコーになる痛恨のミス。演じた樋口自身が、その深刻さをわかっていた。
 演技を終えても笑顔がない。
 浅田真央以来となるトリプルアクセルを2つも成功させた紀平が樋口の得点を上回った。紀平は、年齢制限で五輪資格はないが、そのジュニアの選手に表彰台を譲れば、この時点で選考における心象も悪くなる。

 だが、最終滑走となった坂本は「私は上を追いかける立場」という気持ちでリンクに立っていた。
 それでも守る気持ちがないといえばうそになる。最初のジャンプが終わるまでヒヤヒヤしていたという。
 転倒などの致命的なミスはなかった。手ごたえを十分にキス&クライで坂本は両手で祈るようなポーズをして採点を待った。しかし彼女の予想を下回る139.92点。「えーー、うそー」。思わず口をついた。
 冒頭の3回転フリップ+3回転トゥループの連続ジャンプのセカンドジャンプ回転不足と、3回転ルッツでエッジにアテンションがついていたため得点は伸びなかった。それでも計213.51で全日本の2位をキープした。

 さて代表2人目の選考協議についてである。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>