活動再開「浅田真央」の変貌 “農ガール宣言”背景に女タニマチ

デイリー新潮 によると。

 爽やかな薫風の如く氷上を舞う。現役引退から1年の浅田真央(27)が、本格的に活動を再開した。未来の自分を見つけたという真央ちゃん。ある女タニマチの存在が、彼女の変貌に一役かっているというのだ。

 GW中の5月3日と4日、新潟市で行われたアイスショーを皮切りに、今年は「浅田真央サンクスツアー」と銘打ち、北海道から九州まで全国10カ所を行脚する真央ちゃん。振付から衣装に至るまで、すべて1人でプロデュースという触れ込みで、姉の舞(29)との共演も話題を集める。

 スポーツ紙記者が言う。

「チケットは先行販売が抽選となって落選者多数、一般販売分も発売当日に売り切れてしまいました。6月開催の軽井沢公演も発売即完売で、7月の北海道は追加公演が決まっています」

 おまけに、このショーは一番高いSS席でも7500円で、自由席は3500円。これまで真央ちゃんが出演してきたショーは2万円超のチケットもあっただけに、破格といっていい。

「より多くの人に見て貰いたいという真央ちゃんの意向を叶えるため、コストダウンの工夫がみられます」

 とは、スポーツライターの折山淑美氏である。

「共演者もビッグネームに頼らず若いスケーターたちで新しいものを創る。そんな真央ちゃんの心意気を感じますが、結果的に出演料の削減につながっています。また、殆どの会場が常設のスケートリンクなので、新たに氷を張らなくていい。設営のために1週間ほど場所を借りる必要がないので、会場費も安く抑えられます」
1億人の孫
 甲斐あって自身初の“座長公演”を軌道に乗せたが、彼女を支えるスポンサーもまた盤石だと折山氏は言う。

「一般的に、スケーターが現役引退すれば活躍の場が減る。企業としては旨みがなくなるので、スポンサーを降りることを考えます」

 ところが、である。真央ちゃんの公式サイトをみても、スポンサー企業は計10社と、むしろ現役時代より1社増えているのだ。

「子供からお年寄りまで人気の彼女は、いわば『1億人の孫』。引退後も、露出が減ることはないと見越しての判断でしょう」(同)

 先の記者が話を継ぐには、

「現役時代にCMなどの収入が4億円あるとも報じられた真央ちゃんですが、引退しプロ転向となれば全収入の2割強といわれるスケート連盟への上納金も払う必要がない。儲けたお金が丸々懐に入ってきます」

 スポンサーには、JALや住友生命、ネピアなど名立たる企業が並ぶが、注目すべきは16歳の頃からスキンケア商品を提供する「アルソア」だと続ける。

「今年3月、NHK『クローズアップ現代+(プラス)』に出演した真央ちゃんが『夢は自給自足』と発言しましたが、5月に出版された初のフォトエッセイでも、〈お米やお野菜を作って山のなかで穏やかに暮らせたら幸せですね〉と綴っています。そんな“農ガール宣言”の背景には、アルソアの女社長、滝口玲子氏の支援が影響していると言われています」

 売上高105億円を誇る同社は、八ヶ岳を一望する山梨県北杜(ほくと)市にある。近隣に高原野菜を有機栽培する「ARSOA×MAO あおぞらファーム」を持ち、真央ちゃん本人が、植え付けや収穫に励む姿が度々目撃されているのだ。「億万長者の農ガール」へのジャンプは、着地成功となりますやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です