町田樹、プロフィギュアスケーター引退を表明 学業専念のため 10・6最後の演技

 フィギュアスケートの2014年ソチ五輪5位、世界選手権銀メダルに輝き「氷上の哲学者」と呼ばれる町田樹さん(28)が学業専念のため、10月の公演をもってプロスケーターを引退することを15日、公式サイトで発表した。

 10月6日に行われる「ジャパン・オープン2018」(午後0時半開演)「カーニバル・オン・アイス2018」(午後6時半開演)への出演を報告。

 「両公演とも新作を披露する予定です。なお、上記の公演をもちまして私、町田樹は学業専念のため、プロフィギュアスケーターを引退いたします」と表明し「私にとって様々な思い出の詰まったさいたまスーパーアリーナにて、1人でも多くの皆様にお会いできますことを心より願っております」とした。

 14年の全日本選手権を最後に競技活動を引退。17年にプロスケーターとして復帰。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士後期課程に在学している。アイスショーへの出演は大学院における研究活動の一環。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です