最終戦敗戦も決勝トーナメント進出…西野監督「本意ではないですが」

 28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が行われ、日本代表はポーランド代表と対戦し、0-1で敗れた。西野朗監督が試合を振り返っている。

 試合の後半は他会場の結果を鑑みて、日本は安全にボールを回す選択をした。「チームとしては本意ではないですが、勝ち上がるための戦略だと思います。選手も不本意だと思いますが、こういう形も成長していく過程の一つだと考えています」

「他会場の流れもありますし、多様性が常に問われる試合でした。ベンチワーク、ピッチの上での対応は難しいかったです」

 決勝トーナメント1回戦では、イングランドまたはベルギーという強豪国と対戦する。「強いチャレンジ精神を持って戦いたいです」と、未だ成し遂げたことのないベスト8進出を目指し気を引き締めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です