なぜ高橋大輔が現役復帰? 不完全燃焼、ルール改正…

AERA dot. によると。

 次シーズンでの現役復帰を宣言した、男子フィギュアスケーターの高橋大輔。現時点では、「復帰は1年間限定」としているが、世界中のファンを魅了した華麗なステップが、再びリンクで見られそうだ。

 教育評論家の尾木直樹さんは、復帰の背景に「不完全燃焼」だった思いがあったのではとみる。

「国民的な期待の中、自分のためよりも、その期待にこたえなければならないという思いが強かったのでしょう。しかし万全でない状態で現役を続けても、それは達成できない。自分のためでなく、勝てないならと引退を決意した部分はあったと思います」

 今回、「自分のために滑りたい」と語ったことに尾木さんは注目する。

「これですよ! 結果ではなく、限界に挑戦する自分を楽しむ感覚。きっと、結果と関係なく、みんなを笑顔にすることができると思います」

 フィギュアスケートに造詣が深い、現代思想学者で明治大学非常勤講師の関修さんは、採点基準の変更も復帰を後押ししたとみる。
「次シーズンからの新ルールにより、ジャンプの基礎点が減り、演技全体のバランスが重視されるようになります。そのような点も、もう一度チャレンジしたいという思いや自信につながったのでは」

 引退後はキャスターとしても活躍したが、その経験も影響したと考える。

「他の選手の活躍を外側から見ることで、やっぱり自分はスケーターなんだ、そこで浴びるスポットライトや受ける評価こそが、一番自分らしいことだと思ったのではないでしょうか」

 田中ウルヴェ京さん(メンタルトレーニング上級指導士/IOCマーケティング委員/ソウル五輪シンクロナイズド・スイミング・デュエット銅メダリスト)は、会見後の高橋と、次のような短い会話を交わした。

「復帰は、別にメダルとか全然関係ないでしょ?」
「はい! スケートがやりたかったんです」

 気持ちを表すには、このシンプルな言葉しかなかったという。

「新しい自分を作るというよりは、過去の自分を見直すことによって自己の再構築をする。その挑戦にワクワクしているように見受けられました」(田中さん)

 現役復帰は勘を取り戻すのも並大抵のことではない。

「しかし、技術以上の表現力で、これまでの固定観念を超えた、『いったん違う世界を見た高橋選手ならではのもの』を見せてくれるような気がします」(同)

 誰も見たことのない、新たなステップに期待したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です