現役復帰の高橋大輔 プログラム発表 SPは坂本龍一のピアノ曲

デイリースポーツ によると。

 今季、4年ぶりに現役復帰するフィギュアスケート男子の10年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32)のマネジメント事務所は1日、今季のプログラム曲を発表した。

 SPは坂本龍一作曲のピアノ曲。ゴールデングローブ賞の音楽賞も獲得した90年公開のイギリス映画「The Sheltering Sky」のテーマで、デヴィット・ウィルソン氏の振り付け。フリーはジョン・グラント作曲の「Pale Green Ghosts」で、ブノア・リショー氏の振り付けで挑む。

 高橋は「新シーズンのショートプログラムは11-12年シーズンぶりにデヴィット・ウィルソン氏に依頼をしました。アイディア溢れる振付とピアノの旋律に上手くのって、しっかりとその世界観を表現できればと思っています。フリースケーティングは初めて仕事を依頼したブノワ・リショー氏です。独特の振付で新しいスタイルを引き出してくれました。共に良いプログラムを作っていただいたので、競技会に向けてしっかりと滑り込んでいきたいと思っています」と、コメントした。

 注目の復帰戦は近畿選手権(10月5日開幕・尼崎)を予定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です