今年の夏はシンプル&手入れいらず。無印良品の蚊取り線香で

ライフハッカー[日本版] によると。

夏と同時にアイツらもやって来ました。そう、憎き「蚊」! 昔から、蚊といえば蚊取り線香。あのモクモクする煙と独特の臭いは蚊だけじゃなく、夏の不快な虫に効果絶大ですよね。

ただ、夏の風物詩といえば聞こえはいいけど、見た目がイケてない! 便利なのはわかってるけど、買うまでには至らず。それはあの派手なパッケージと大きなフォルムのせいかも。もっとこう、存在感なく取り入れられたら最高なんですが…。
これが蚊取り線香!?
無印良品で発見しました! やけにインテリアに馴染むこちら、実は蚊取り線香なんです。店頭価格で税込1,190円。さすがの無印、蚊取り線香までこんなにシンプルになるとは!
ミニ線香10巻付き
フタを開けるとこのようなセットになっています。真っ白な陶器はずっしりとしていて安定感があります。

線香は10巻付いているのでたっぷり使えそう!

線香はよく見るタイプと比べたら小さめですね。ただ、小さいとはいえこれ1つで2時間もつそうです。

香りは、まさに虫が嫌いそうな香り。独特な香りなので人も好き嫌いがあるかもしれません。

匂いが結構強いので(それが虫除けの効果なんでしょうけど)、屋内というよりは屋外向けだと思います。

替えの線香は無印良品には売ってませんが、ホームセンターや100円ショップで購入ですることができますよ。直径7cm位のものを購入してくださいね。定番の緑のものもありますよ。
金具にセットする時は慎重に
付属の金具に、先端を上にしてセットします。

このとき、力を入れすぎて線香を折らないように注意! 金具は意外と硬いので慎重さが求められます。

ただ、たとえ折れても使えないことはありません。途中から挟めばいいだけなのでご安心を。
そのまま陶器のケースにIN
金具の両端をケースに引っかけたら準備OK!しっかり引っかかるのでちょっと動かしたくらいでは外れません。フタも付いていますが、使用中はもちろん開けておきます。
とにかく手入れがラクです!
火をつけるとモクモクと煙と匂いが広がってきました。これぞ蚊取り線香! しっかり効いてる気がします。

ほとんどケースで覆われてるので火傷の心配が少ないですね。下に灰が溜まりますが、容器が洗えるので手入れもラクです。

使わないときはフタをして、また存在感なく置いておけますね。
今年はゆっくり花火が見れそうです
これなら雰囲気を壊さずに使えますね。

これから屋外でBBQするときや、花火を見るときにもに大活躍間違いなしです!

毎年ベランダから見える花火。これまでは蚊や虫が嫌でゆっくり見れませんでしたが、今年は飲みながら優雅に鑑賞できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です