イケア、世界中の店舗でプラスチック商品廃止へ

テレビ朝日系(ANN) によると。

 世界最大の家具量販店「イケア」が2020年までにプラスチック商品を全面、廃止です。

 イケアジャパン、ヘレン・フォン・ライス社長:「2020年までにストローなど使い捨てのプラスチック製品の販売を取りやめます」
 廃止するのは使い捨てのストローやごみ袋、ペット用のトイレバッグなどプラスチック商品7種類です。現在、イケアは国内に9店舗を構えていますが、世界中の全店舗で2020年までに廃止するということです。また、イケアではすでに6割の商品が再生可能で、1割がリサイクルされた素材で作られていますが、2030年にはすべての商品を再生可能、もしくはリサイクルされた素材にするとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です